サシバ飛ぶ、ニオイタチツボ、ツクバキンモンソウ、モンキチョウ、フデリンドウなど

2020/04/08 Wed
5M4A9915.jpg
ピックイーと大きな声がしたので振り仰ぐとサシバの姿が。ここは昨年失敗した?繁殖地Aです。
オスが繁殖シーズン初めに見られる「ひらひら飛び」をしています。

K9wOFg7uE2F2UKV9wAIh1586345716-1586345729.gif
多分この飛び方はテリトリーの宣言やメスに対するアピールなんだと思います。このあとメスと一緒に高く飛んでいました。
頑張って渡ってきてくれたサシバ君・・・今年は無事繁殖できますように。

F40A9902.jpg
昨年見つけた近所のツクバキンモンソウ、今年はちょっと増えたみたい?花も葉も美しいです。

F40A9801.jpg
ここはニオイタチツボスミレがたくさんあって華やかな丘です。

5M4A0724.jpg
モンキチョウがカントウタンポポで吸蜜。

F40A9960.jpg
チカッと何か青いものが・・・あら?フデリンドウ!周りを探してもただこの1本しかありません。
普通は群生するものですが・・・。
1本しかないと来年は会えないかな。そう思うと余計に大切な気がします。
じっくり見てみると葉に白い縁取りがあるのね!ほんと、可愛い・・・。

アオジやセンダイムシクイ、ヤブサメも囀って、穏やかな春の一日でした♪

富津岬4/3サシバ1、ハイタカ属3逆渡り、ウミアイサの群れ

2020/04/06 Mon
IMG_6584.jpg
4月3日(金曜日)たまには春のタカ渡りを見に行こうと、K隊員と富津岬へ。お天気は良くハマダイコンが一面に咲いていました。

5M4A9628.jpg
8時から見ていたのですが10時過ぎにやっと富津から横須賀方向へ高くハイタカが渡りました。
あれ?逆だよねえ。そのあとさらに2羽のハイタカ属が。どうもハイタカの逆渡りのようです。

5M4A9675.jpg
10:40ノスリが岬から対岸に向けて飛び出し、Uターンして戻りました。これも秋の渡りによく見かける光景です。
ヒヨドリやツバメの群れも秋の渡りと同じ方向に・・・これがどうしてなのかよくわからないのですが・・・。

5M4A9715.jpg
11:30やっとお待ちかねのサシバがやってきました!
私は今年初のサシバです。うれしいなあ!
でも気づくのが遅れて後ろ姿を見送りました。繁殖地まできっとあと少し、ガンバレ!

5M4A9523.jpg
この日はウミアイサの51羽の群れが!こんなにたくさんのウミアイサを見たのは初めてで、びっくり仰天!岬周辺でしきりに潜りながら餌を採っていました。

5M4A9601.jpg
時々、漁船が通るので飛びます。飛び上がるのが苦手のようで長々と海面を蹴っています。
体のわりに翼が短いし、飛ぶより泳ぐ方が得意なのでしょうね。

5M4A9548.jpg
タカの渡りは今一つでしたが、ウミアイサの群れとは嬉しいサプライズでした。久しぶりに隊員と話も弾み、このあと伊良湖へ行くという彼に夢を託しました。
K隊員の新しいブログはこちら、「北西の風・気ままな野鳥詩」です。
・・・やっぱり伊良湖はいいな~。

エンコウカエデ?と毛のあるタチツボスミレ、白いヤマルリソウ、カワラヒワ

2020/04/04 Sat
IMG_6370.jpg田んぼにだんだん水が張られてきました。桜の花はだんだん終わりかけ、でもまだきれいです。

F40A0717.jpg
先日、山へ行くと見たことのない花が。調べてみたらイタヤカエデの仲間のようです。普通のカエデの花とはまた全然違うんですね。

F40A0701.jpg
イタヤカエデの中のエンコウカエデかな?葉がまだ赤くしょぼしょぼとしているので、ちゃんと展開したら確認してみようと思います。

5M4A9282.jpg
山道を行くと濃い青のスミレが。ニオイタチツボかな?とよく見るとタチツボスミレでした。
タチツボはとにかく個体差も大きくて。これは葉の表面だけに毛が生えていました。(円内)

5M4A9392.jpg
青紫色のヤマルリソウの大きな群落の中を探すと、やっぱりいた!白花ちゃんです。
こんなちょっと違うものを探すのも、宝さがしみたいで楽しいです。

F40A0780.jpg
カワラヒワも冬に群れていた亜種オオカワラヒワとは違いますね。4羽ほどでさえずり飛翔をしていました。
よく見るといろんなところに見どころがいっぱい。
身近なものもじっくり見てみると面白いですね!

ヒカゲツツジ見~つけた♪美麗タチツボとテングチョウ

2020/04/02 Thu
F40A8392.jpg
小さな株を見かけることはあっても、大株は少ないヒカゲツツジですが、

F40A0524.jpg
先日すごい株を発見!全体はこの5倍くらいあります。人様の頼まれごとをやっている途中の山中で見つけました。天の神様は見ててくれるのね、やっぱり。

F40A9871.jpg
こんなきれいなタチツボスミレも・・・。思わず見とれちゃう~(^^)

5M4A8852.jpg
枝先に留まるのが好きなテングチョウ。触角をフリフリ、だれか探しているのかな?

F40A9721.jpg
斜面に小さな小さなタニギキョウも咲いて、山はすっかり春。

5M4A8873.jpg
山桜もきれいでしたヨ!

最近練習している曲の合間にこれも弾きます。単純ですが美しい曲です。
オンブラ・マイ・フ、その他(キャスリーン・バトル)女神様みたい・・・。

アマナと花に留まったコツバメ、ニオイタチツボスミレ

2020/03/31 Tue
IMG_6445.jpg
千葉市にアマナの撮影に行ってきました。ここには昨年一面にアマナがあったはず・・・なんですが、けっこう傷んでいます。草刈りを車でやるのでその轍があちこちに・・・もったいないな・・・。

F40A9428.jpg
でも一生懸命、咲いています。少なくなってしまった植物なので大事にして欲しいですね。

F40A8807.jpg
在来のタンポポや、

F40A8824.jpg
麗しいニオイタチツボスミレなども。

F40A9272.jpg
キラキラと群青色のきらめきが見えて、ヒメオドリコソウに留まったところを見るとコツバメ!
わ~!花に留まった所を見たのは初めてだよ~♪

F40A9063.jpg
体を温めようと太陽に向かって斜めに体を倒す不思議な習性があります。ここには2頭いてひっきりなしにテリトリー争いをしています。相手に突進してくんずほぐれつという感じで回転しながら上昇、パッと離れます。

年に一回だけ姿を見せてくれる蝶、さなぎで夏と冬を乗り越え、永い眠りから覚めるのが今なんですね。途中、寄生蜂にやられたり暑さ寒さで命を落とすものも多いはず。
・・・そう考えるとこの小さな蝶も愛おしくなりますね!