ジイソブとノブキ、フジカンゾウ、ナツアカネなど

2020/09/17 Thu
今朝ツミが何度も鳴きました。秋になるとツミも良く鳴きますね。

5M4A6933.jpg
ジイソブの大きな花が咲いていました。ホタルブクロくらいのサイズです。

5M4A7066.jpg
中は五角形の印。面白い花です。根を民間薬にするらしく掘り取られることが多いのですが、
少なくなってきているので大切にしたいですね。薬は薬局でどうぞ(^^;)

5M4A7247.jpg
これも久しぶり、ノブキの花です。

5M4A7199.jpg
実ができるとハリネズミみたいになります。いつのまにかレッドリストに。

5M4A6274.jpg
フジカンゾウにタネが出来ていました。これを見ると引っ付き虫の仲間ということがわかりますね。

5M4A6655.jpg
道端にいた赤トンボ、ナツアカネです。赤トンボが連結して田んぼの上を飛んでいるのをだんだんと見かけるようになりましたね。

数日前からすっかり涼しくなって、やっと夏も終わるのでしょう。
今年の夏はきつかったですね。
無事に秋が迎えられて良かったです。

ノブキ:千葉県レッドデータブック要保護(C)


オオタカ若と秋の花、はさ掛けの風景

2020/09/05 Sat
F40A0089.jpg
何か飛んでる~。
あ、こっちに降りてきた!すごい速さ!

F40A0239.jpg
帰宅後にパソコンで見てやっとオオタカだとわかりました。
若い個体ですが、尾がかなり擦れているので今年生まれというわけではなさそうです。

5M4A4691.jpg
山道には色が濃いニガクサ(ツルニガクサかも?と思って毛を確認、腺毛ではなかった)や

5M4A4775.jpg
ヒナノシャクジョウみたいなサイズ感のスズメウリ、

5M4A4879.jpg
美しいフジカンゾウといった秋の花も。

5M4A4907.jpg
ギンミズヒキが普通のミズヒキと交差して紅白のミズヒキに。
山は秋の花が美しかったです。

IMG_8104.jpg
それにしても台風10号が心配ですね。
人はもちろん、多くの生き物たちに被害のないことを祈りつつ・・・。

キツネノカミソリとオニヤンマ、オナガアゲハなど

2020/08/14 Fri
昨日の続きです。市原市喜多でキツネノカミソリを保全している「風呂の前里山保存会」へ。

F40A5769_20200814170824df3.jpg
花にオオシオカラトンボのメスが留まっています。

F40A6602.jpg
カラスアゲハのメスです。昨日のはオス。メスの方が地味ですがそれでも華やかですね。
(蜜を吸うときは翅を震わせるのでブレています)

F40A6458.jpg
こちらは地味なオナガアゲハ♀がマムシグサの葉に。出会いが少なくなっているチョウなので嬉しかったです。

F40A6210.jpg
秋を感じさせるヤマホトトギス。

F40A5641.jpg
ツリガネニンジンも咲いていました。後ろはキツネノカミソリの群落。

F40A5690.jpg
サラシナショウマのつぼみにオニヤンマが。他にもヤブラン、ヒヨドリバナ、アキノタムラソウ、ヨウシュヤマゴボウ、ツユクサ、セリ科の花などが咲いていました。
目立たない小さな花であっても、春から秋まで絶え間なく咲くことによって、蜜源として生き物が利用し、命をつないでいます。

昨日はあらたに広場が草刈りされているのに気づきました。さぞかし暑かったことと思います。
貴重な自然を保全されている会の皆様に感謝するとともに、いつまでもここが守られますようにと願います。

オナガアゲハ:千葉県レッドデータブック要保護(C)

キツネノカミソリが見頃です♪おまけの月とカラスウリ

2020/08/09 Sun
F40A5482_2020080916384069a.jpg
カタクリで有名な「風呂の前里山保存会」ですが、ちょうどいまキツネノカミソリが見頃を迎えています。カタクリがキツネに化けちゃったみたい(^^)

F40A5550_202008091638416e2.jpg
斜面も良い感じですが、奥の広場はもっとすごいです。

F40A5555_2020080916383503a.jpg
一面のキツネノカミソリ~♡

F40A5589_20200809163830a09.jpg
寄るも良し、

F40A5595.jpg
ちょっと下がってみるのもまた良し。太陽に透けると金色に輝きますよ。
いろんな角度で眺めてみてね♪

F40A5593_20200809163833174.jpg
一番奥のヤブミョウガもお忘れなく。コロンとして可愛いですよ。

17日まで広場が開放されているそうなので、ぜひお出かけください。
飾らない里山環境の中で、自然に咲く花に心癒されること請け合いです。

昨日は「いちはら里山クラブ」の日。市原市南部の古敷谷でいい汗を流しました。
その記事はこちらに。
その時ご一緒した里山センターのAさんと、今日ここでばったり出くわしたのもビックリでした。

<今日のおまけ>
最近暑すぎるのであまり山歩きができず、運動不足気味。なので夜に近所を散歩しています。

5M4A2236_202008091638384c4.jpg
先週は月がとっても綺麗でした。

F40A4342_2020080916383688e.jpg
道端にホワンと白く、カラスウリが咲いていました。自然の神様のなさることといったら・・・!


落ちてたムギランとオオバヌスビトハギの花

2020/08/07 Fri
F40A4994.jpg
今日も暑いですね~。乾いた山道を歩いているとイチモンジチョウが・・・。
あ~あ、飛んで行っちゃった。

F40A3965.jpg
これは変形菌にカビが発生したものかな?変形菌も楽じゃないね。

F40A4997.jpg
ああっ、ムギランが落ちてる!周りには大きなモミの木があるので、上の方についていたものかも。希少種なのに・・・(涙)

F40A4416.jpg
コノシメトンボのオスは未熟なころ、山道にいることが多いですね。もともと少ないトンボなので、トンボ全体が減った今ではめったに出会えませんが。

F40A4451.jpg
暗い森の中へ入ってみると、見慣れない花を発見!
これ何かしら?ヌスビトハギをがっちりと大柄にしたような・・・。

F40A4465.jpg
帰宅後に調べてみると常緑のオオバヌスビトハギでした。分布は千葉県より西で、
別名はサイゴクトキワヤブハギ。千葉県では南部に点在するもののようです。

暑くてバテ気味でしたが、こういう出会いがあると嬉しいものですね。タネが出来る頃、再訪したいと思います。

ムギラン:千葉県レッドデータブック最重要(A)
コノシメトンボ:千葉県レッドデータブック一般保護(D)
オオバヌスビトハギ:千葉県レッドデータブック要保護(C)