ヒカゲツツジ見~つけた♪美麗タチツボとテングチョウ

2020/04/02 Thu
F40A8392.jpg
小さな株を見かけることはあっても、大株は少ないヒカゲツツジですが、

F40A0524.jpg
先日すごい株を発見!全体はこの5倍くらいあります。人様の頼まれごとをやっている途中の山中で見つけました。天の神様は見ててくれるのね、やっぱり。

F40A9871.jpg
こんなきれいなタチツボスミレも・・・。思わず見とれちゃう~(^^)

5M4A8852.jpg
枝先に留まるのが好きなテングチョウ。触角をフリフリ、だれか探しているのかな?

F40A9721.jpg
斜面に小さな小さなタニギキョウも咲いて、山はすっかり春。

5M4A8873.jpg
山桜もきれいでしたヨ!

最近練習している曲の合間にこれも弾きます。単純ですが美しい曲です。
オンブラ・マイ・フ、その他(キャスリーン・バトル)女神様みたい・・・。

ヒメコマツ大丈夫かな・・・

2020/01/29 Wed

F40A6716.jpg
今日は用事があったので先日の画像から・・・。公園の松が枯れて、切られたあとにジョウビタキ♀が留まりました。久しぶりの出会いです。

5M4A0149.jpg
山の中では崖から張り出したヒメコマツの枝にたくさんの松ぼっくりが。
松がたくさん松ぼっくりをつけるというのは、あまり良い兆候ではないので心配です。

5M4A9979.jpg
こちらも久しぶりの出会いになりますが、アカハラ♂です。

5M4A0017.jpg
カメラを向けたらすたこらサッサと逃げました。ちょっとへっぴり腰でユーモラスな逃げっぷりですね(^^)

F40A6139.jpg
枯れた枝にキクラゲの仲間が出ていました。木は枯れてもキノコが生えたり、自然の中で分解されて誰かの役に立っていくものなんだろうけど、人間のせいで貴重な木が枯れてしまうとしたら申し訳ないことですね。

季節外れの暖かさの中で、そんなことを思った一日でした。

イワガラミと山の生き物

2019/06/29 Sat

20190629 (1)先日、イワガラミがそろそろ見頃かな~と山へ出かけました。わ~綺麗に白くなっていますよ。

20190629 (6)
イワガラミは千葉では少ない植物で、房総丘陵を中心に点々と分布しています。今年は新しい場所を1か所見つけました。花が目立つ今の時期にしか探せないかもしれないですね。

20190629 (2)
沢へ降りていくと途中のコケの上でカナヘビがひと休み。綺麗に撮ってね!と流し目で・・・。

20190629 (5)
枯れ木の上でナガニジゴミムシダマシが交尾中。邪魔してごめんね!

20190629 (3)
河原ではウラギンシジミのオスが足元にやって来ました。良いにおいがしたかしら?

20190629 (4)
カジカガエルが良く鳴いていて、姿を探すと石の上にいましたヨ。水が綺麗でいい感じ♪
梅雨時も山には素敵なものがいっぱいでした


ウツギとヒメウツギの見分け方

2019/04/25 Thu
ちょうどヒメウツギとウツギが咲いていたので、識別点を書いてみます。
ヒメウツギの花は満開時も半開きで、ウツギは全開します。



ウツギの葉には表にも裏にも星状の毛が生えています。ヒメウツギは共に無毛です。
肉眼で見ても分からないので顕微鏡画像ですが、触ってみると分かります。ウツギはザラザラ、ヒメウツギはつるつるしています。人間の指の感覚ってスゴイですね!




昨日の冬虫夏草のそばにあったベニタケ属のキノコ。コケの上で記念撮影♪
こういうのもかわいくて好きです






先日の山の奥での光景。ヒカゲツツジがたくさん咲いている場所を見つけました。あっちにもこっちにも、上にも下にもいっぱい~!



20年程前、この花を初めて見た場所はどうなったかな?と山奥へも見に行くとちゃんと残っていました!旧友との再会のようで嬉しかったですねえ!



美しいハンミョウがアラカシの枯れ葉の上に。ちょうど常緑樹の落葉の時期ですね。
森の中、はらはらと落ちる葉の音と、野鳥のさえずりだけが聞こえていました。

<今日のおまけ>
今日は朝から雨だったので、ゆっくりと庭の花を眺めて過ごしました。
一斉にいろんな花が咲きだして「私を見て~!」と言っているよう・・・。



たまには家にいて、お花たちを見てあげないとね




オダマキとマーガレット♪オダマキは自然に増えてきました。良いコですね!
他の花もまた今度・・・。



赤い実とちょっとだけ青い鳥と

2018/12/12 Wed
今週は本当に寒くて天気もイマイチですね!先日の晴れた日の画像から。
イイギリの実がたくさんなってました。これで全体の四分の一くらいかな。



この実は生食できるそうですが「甘味はなく苦い」そう。
鳥たちが本当に寒くなる真冬まで食べないのは、そのせいかも?



これはミヤマトベラの実。地面に落ちていたものです。くちばしの跡がくっきりと付いています。よくアオキの実をヒヨドリがこうして柔らかさをチェックしていますので、同じことをしたんだと思いますね。



タマアジサイにウソがやって来るのも楽しみですが、今年はまだ声だけ。



自生のオオバマンリョウ。千葉県ではこちらがもともとのマンリョウで、葉が小さくて鋸歯がはっきりしているものは植えられたものと、その逸出といわれています。



あまり青くないルリビタキがいました。あ、飛んだ!



山へ出かけても冬鳥が少なくて、どこもいまいちです。
今度の『いっせんぼく探鳥会』、昨年はみんなでベニマシコを見ましたが、今年も何か出ると良いんですけどね・・・。



うちの人からこんな画像が送られてきました。今年のプレゼントは何でしょう?

ダイヤモンドかな!
ベンツかな!

まさか・・・愛だけじゃ・・ない・・・よね?
まさかね?