富津岬で魚とり♪ハナオコゼ、オヤビッチャ、チヌ、イシダイ、イソシギ

2020/09/23 Wed

昨日の帰り、Tさんが魚捕りをしているのを見せてもらいました。
「面白い魚が捕れたよ」と見せてくれたのはハナオコゼ。カエルアンコウ(旧イザリウオ)の仲間ですって。腕が生えているみたい。触ってみたら体はすべすべしてトゲのように見える突起は柔らかでした。

IMG_8175.jpg
ここにオヤビッチャもいるというのでビックリ。イソミミズ(というのがいることも初めて知りましたが)を餌にして、釣りあげてもらいました。綺麗ですね~。
オヤビッチャってダイバーの友達が和歌山県串本のを水中写真を見せてくれたけど、千葉にもいるんですね。この辺り北限らしいですが、群れで泳いでいました。

IMG_8172.jpg
漁港はけっこう釣りの人がたくさんいて、小さなバケツにクロダイの稚魚が入っていました。
釣りの人はチヌと呼びますね。ここはキスも釣れるそうですが、シロギスって言いますよね。

IMG_8181.jpg
イシダイを釣り上げた人に写真を撮らせてもらいましたが、ブウブウと鳴いたのにはびっくり!魚も鳴くんですね。あげるよ、と言われたので夕飯に塩焼きで食べました。脂がのっていて、焼いている間にもおいしそうな香りが・・・。
皮にかすかな磯の香りがして、とっても美味しかったです♪

F40A7791.jpg
最後にイソシギを。2羽で仲良くしているのは珍しいですね。

明日も雨なのでタカの渡り観察はお休みの予定です。
そのあとに期待しつつ体と目を休めることとしましょう。
台風の雨があまりひどくならないことを祈ります。






クロサギ、ミサゴ、ノスノス&ハマコンギク

2019/11/16 Sat
5M4A8431.jpg
今日も鋸山のふもとへ逆行ハイタカの渡りを見に行きましたが、もうそろそろ終わりなのか、ハイタカを見ることができませんでした。代わりにクロサギが来てくれて、カニを捕まえて食べたりしてました。

5M4A8664.jpg
ここではいつも見られるミサゴや、

5M4A8364.jpg
ノスリが2羽くるくると・・・。

F40A9759.jpg
9月に、これは何だろうと思っていたつぼみが、

F40A9827.jpg
咲いたら菊だったことにもビックリ。葉が厚く、丸く、ごわごわした多肉植物のような感じでした。
なんだかわからなかったので天野先生に聞いてみたら、「ノコンギクの海岸型・ハマコンギクと呼ばれるものでしょう。雑種の可能性もあります」とのことでした。

F40A9851.jpg
ノコンギクってこんな花↑なので、あまりの違いに驚きましたが、海辺で生き残るためにこんな風に変化していったんですネ。すごいなあ!

自然って素晴らしいね!

ウミホタル、今日も行っちゃった!

2019/08/13 Tue

F40A3813.jpg
長女が「私も見たい!」と言うので、またまたウミホタル採取へ出かけてきました。
今日はこの前よりたくさん入っています。5分くらいでこんなに・・・!

F40A3787.jpg
すご~い!バケツの中全体がルシフェリン反応~♪

F40A3840.jpg
手ですくってみるとさらに光ります。

F40A3771.jpg
長女とBFです。コップの中にはウミホタルがいますがあまり光っていません。

F40A3773.jpg
ピンクのボトルの中には冷たい海水が入っています。それを注ぐとパーッと光ります。

F40A3862.jpg
最後は砂浜へ。撒く前にもすでにウミホタルが点々といました。

F40A3864.jpg
波が寄せるとまた光り、

F40A3865.jpg
波が引くと筋になって、だんだん沖へ帰っていきました。

「面白かった~!」と長女とBFも大満足。彼氏は光る生きものを見たのは初めてだそう。良い思い出になったかな?


ウミホタル見~つけた!

2019/08/12 Mon

F40A2699.jpg
ずっと前からウミホタルをこの手で採取してみたいと思っていたのですが、やっと昨夜、念願かなって捕まえることができました!

DSC09883.jpg
自宅を日暮れごろに出て綺麗な富士山のシルエットを見つめつつ南へ。

F40A2929.jpg
このあたりはいそう!と岸壁から採取瓶をざぶん!するとパアッっと水面が光ります。
え?ウミホタル?いやいやウミホタルは水面にはいないはず。これは夜光虫の光でした。

F40A3047.jpg
しばらくして瓶を上げると・・・光っています!やった~!ウミホタル!今までの苦労が報われた瞬間・・・!昨日予告もしちゃったから採れなかったらどうしようと思ってた~(^^;)

IMG_4723.jpg
バケツに入れた網の上に注ぐとまたパ~ッと強く光ります。光る液体をイカ墨のように出すのですね。

F40A3119.jpg
手乗りウミホタル(^^;) 触ると手にくっついてきました。

F40A3318.jpg
明るいところで撮影するとゴマ粒くらいのミジンコのような感じです。付属肢を出して活発に泳ぎます。

F40A2896.jpg
岸壁の下(水中)に段があるのですが、そこでふわ~っ、ふわ~っと自然発光しているものもいます。ウミホタルは求愛のため自然発光もするそうですが、観察されるのは珍しいことのようですね。海底で光っていても上からは見えないので・・・。

F40A3156.jpg
1時間ほど採取してから波打ち際に放しました。

動画もよかったら見てください。全画面モードがおすすめ♡
神秘的な光にウチの人としばし言葉を失いました・・・(^^)

ハマウツボ見っけ♪

2019/05/05 Sun
まだ見たことがない植物に会いたくて、海岸のほうへ。聞くところによるとここにはハマウツボがあるそうで、ヤセウツボしか見たことがないのでぜひ見てみたいなと。


ハマウツボ(ハマウツボ科):千葉県レッドデータブック最重要保護(A)
カワラヨモギ(キク科):千葉県レッドデータブック要保護(C)

探すほどもなく、ここにも!あそこにも!



うしろに生えているシルバーっぽい緑のがカワラヨモギで、これに寄生する植物です。生き様も見た目も本当に変わっていますね!



さきに雄しべが前に出ていて、花柱は後ろにあります。雄しべが枯れると後ろへ下がり、前に花柱がせりあがって来るのではないかと。



虫が留まっている部分が花柱ですネ。もっと開いているものがないかなと思ったのですが、閉じかけの花ばかりでした。次回には中の構造をもっと見てみたいな~♪


ハマコウゾリナ(キク科)

コウゾリナの海岸型・ハマコウゾリナなんでしょうね、初めて見ました。背が20センチほどと低く、地際から分枝しています。他にも海岸ならではの植物がいろいろ。


ハマニガナ(キク科):千葉県レッドデータブック一般保護(D)


マルバアキグミの花

アキグミの海岸型変種。葉が丸く厚い。アキグミはナツグミと比べて花柄が短い。


トベラの花


ホオジロ:千葉県レッドデータブック要保護(C)

シャリンバイの枝でホオジロがしきりに囀っていました。こんな浜辺でも繁殖できるのかな、生き物って何も見えないけどと思ったら、素早く飛び降りてケラを捕まえていました。



ここにはここの生き方があるんですね。

たまにはガラッと違う場所へ出かけてみるのも楽しいですね。