袖ヶ浦公園散歩

2020/02/11 Tue
IMG_6038.jpg
昨日は用事があったので午後、近くの公園を散歩することに。

F40A0218.jpg
梅が開き始めています。ハチが飛んできて忙しそうに働いていました。

F40A0316.jpg
池の脇の木々が白く変わっています。雪でもないのに?

F40A0403.jpg
「君か!こんなにフンで汚して・・・!」
「きみたち人間は地球をもっと汚してるじゃない?それに比べれば可愛いものさ。」

F40A0500.jpg
カモを撮っていたら、可愛い声がしてカワセミが飛んできてくれました。いつ見ても魅力的な鳥、もうカモなんかどうでもよくなっちゃう・・・。

F40A0546.jpg
ねこたんも幸せそうに昼寝。気持ちの良い一日でした。

<今日のおまけ>
こんな本が出ました。私の撮ったシャグマアミガサタケが出ています。
児童図書なので分かりやすくて勉強になります。フルカラーで重いけど。

IMG_6048.jpg
書店にはあまりないと思うので、良かったら図書館にリクエストしてみてね。
4400円もするので・・・・(^^;)

珍奇植物 生態入門

2019/11/30 Sat
IMG_5635.jpg
こんな変わったムック本が出ましたが、私の撮ったヤコウタケの画像を使っていただきました。
アマゾンで『珍奇植物』と検索すると中身が少し見られますが、ヤコウタケの画像もそこで見ることができます。
良かったら見てくださいね!綺麗な画像がたくさんあって、解説は少なめで読みやすいですよ。

寒い日が続き、ちょっと体調を崩してお休み中です。みなさまもご注意くださいませ(^^)

Forever Now マイケル・ブーブレ 歌詞(和訳)

2019/04/03 Wed

Michael Buble- Forever Now [Official Lyric Video]

この曲素敵だけど歌詞の意味わからなくて、と友人がぼやくので翻訳しました。かなりザックリと自由な意訳ですが、この動画もこんな感じですよね。
私は娘が2人いるので、彼女たちへの応援歌のつもりで訳しました。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
Forever Now

あなたが生まれた日
それはまるで昨日のことのよう
瞳をパッチリと見開いたその顔を
私は心に刻んだのよ

分かっているだろうけど
私たちはずっと待っていたんだよ
守るべき存在のあなたをね
初めてこの腕にあなたを抱いたとき
ずっとあなたを愛していたことを知ったの

夜は来る日も来る日も抱っこしたわ
前の週よりも少しずつその時間は減っていったけど
まるでついこの間のことみたいよ
私たちはみんなで一緒にお散歩したね
あなたは私と手をつないでた
今はもう大きくなって
手なんかつなぎたがらないけど
私はもう少しつないでいたかったな
わかってくれる?

挫けそうなときは支えてあげる
けっして見捨てたりはしないよ
あなたが何をしていても
私は誇りに思ってる
今こそ伝えたい
あなたをいつまでも愛してるよと

あなたが見聞きする世界の全てが
魔法と可能性に満ちてるんだって
あなたを通して知ったのよ

わかってるよね
誰にとっても人生は厳しすぎるほど厳しいって
でもあなたは強い力を秘めてる
それを使う必要がないことを祈ってるけど

いつだって支えてあげるよ
けっして置き去りにはしない
時を超えて
私がいつまでも愛していることに気付いてね

私はいつもここにいるよ
いつだってあなたの後ろで励まし続けてるよ
あなたは独りじゃないんだよ

いつだって支えてあげる
けっして見捨てたりはしない
たとえ何があったって大丈夫だよ
あなたのことはずっと誇りに思っているよ

今こそあなたに伝えたい
いつまでも愛していると

^^^^^^^^^^^^^^^
*私の主観的・独断的な翻訳です。



さ~て、気温も上がって来たし、撮影行くかな!


春の兆し~スハマソウ、オニシバリ、チョウゲンボウ、モズ、「川上和人さんの本」

2016/02/17 Wed
今日はウグイスの初音を聞きました。千葉では毎年2月20日ごろに聞きます。
山の奥ではスハマソウが咲いていました。



葉の色が銅葉で、花弁(萼片)の数も多め。
ほんのりピンク色に見えるような・・・ちょっと変わった印象の花です。

オニシバリも目立たないけれど、花をつけていました。



一歩ずつ、春が近づいてきていますね!
電線チョウゲンボウに近づくと・・・、飛びました。



びっくりさせてごめんなさい。



モズ♂が狙いを定めています。
大きな嘴です。
鳥が食べられてしまうこともあるのですが、そんな時ちょっと残念な気がします。



モズ♀がハゼ科の木の実を食べていました。
シロハラやルリビタキ、メジロ、カラ類が食べているのをよく見ますが、モズは初めて見ました。
野鳥の世界もまだまだ奥が深いですね。

<今日の本>
日曜日は日本野鳥の会千葉県の総会で、そのあとに講座がありました。
川上和人さんの「小笠原諸島の鳥類」

メグロの行動パターンや遺伝的分布、オガサワラヒメミズナギドリという幻の希少種を発見したお話も。とても面白いプレゼンでした。

帰ってきてお名前を検索したら・・・私の最近のお気に入りの本の著者でした!
しまった、本を持って行ってサインをもらっておくんだった・・・。




「鳥類学者・・・」のほうは特に、思わず吹き出すほど面白いです


おすすめです。







素敵な場所~海岸の風景、スナメリ、イソヒヨドリ、「マイコフィリア」

2016/02/02 Tue
今日はだんだん天気が良くなってきましたが、やっぱり寒い・・・。
山の寒さは身体にこたえるので、海へ出かけました。



沖にはスナメリという小さなイルカが泳いでいます。



イソヒヨドリが太陽の光を浴びて輝いていました。



おっと、波が・・・!



逃げろ~!


(大きくなります)

ピョンとひとっ飛びでこんなに移動できるんですね。



つるつるの場所ですが、着地もお見事。10点満点でした(^^)



今日も素敵な出会いをありがとう


<オススメの本>
スイーツをお待ちの方には申し訳有りませんが・・・楽しい本のご紹介です。



「マイコフィリア きのこ愛好症」ユージニア・ボーン著 
監修 吹春俊光 /翻訳 佐藤幸治・田中涼子

きのこを食べることが大好きだった女性が、その本能と好奇心の赴くままにきのこ道を極めていくお話です。
ある時はグリズリーに怯えながら森を走り、またある時は幻覚きのこでトリップして、宇宙と自我の一体感を会得する。またきのこに対する本や論文・新しい知見にも、臆することなくぐいぐいと食らいついていく。

著者はいまやニューヨーク菌学会の代表になりました。
きのこ好きならバイブルにして欲しいほどの、秀逸な一冊です。

監修は吹春俊光先生です。千葉菌のみなさんは絶対に買いましょう!