富津岬4/3サシバ1、ハイタカ属3逆渡り、ウミアイサの群れ

2020/04/06 Mon
IMG_6584.jpg
4月3日(金曜日)たまには春のタカ渡りを見に行こうと、K隊員と富津岬へ。お天気は良くハマダイコンが一面に咲いていました。

5M4A9628.jpg
8時から見ていたのですが10時過ぎにやっと富津から横須賀方向へ高くハイタカが渡りました。
あれ?逆だよねえ。そのあとさらに2羽のハイタカ属が。どうもハイタカの逆渡りのようです。

5M4A9675.jpg
10:40ノスリが岬から対岸に向けて飛び出し、Uターンして戻りました。これも秋の渡りによく見かける光景です。
ヒヨドリやツバメの群れも秋の渡りと同じ方向に・・・これがどうしてなのかよくわからないのですが・・・。

5M4A9715.jpg
11:30やっとお待ちかねのサシバがやってきました!
私は今年初のサシバです。うれしいなあ!
でも気づくのが遅れて後ろ姿を見送りました。繁殖地まできっとあと少し、ガンバレ!

5M4A9523.jpg
この日はウミアイサの51羽の群れが!こんなにたくさんのウミアイサを見たのは初めてで、びっくり仰天!岬周辺でしきりに潜りながら餌を採っていました。

5M4A9601.jpg
時々、漁船が通るので飛びます。飛び上がるのが苦手のようで長々と海面を蹴っています。
体のわりに翼が短いし、飛ぶより泳ぐ方が得意なのでしょうね。

5M4A9548.jpg
タカの渡りは今一つでしたが、ウミアイサの群れとは嬉しいサプライズでした。久しぶりに隊員と話も弾み、このあと伊良湖へ行くという彼に夢を託しました。
K隊員の新しいブログはこちら、「北西の風・気ままな野鳥詩」です。
・・・やっぱり伊良湖はいいな~。

10/2のサシバの渡り~富津岬と権現山(神奈川県)

2019/12/06 Fri
外に出かけていないので、富津岬の出来事を少し書きます。今年は10月2日にちょっと面白いことがありました。この日は6時から12時までの観察で、59羽のサシバが渡りました。
09:40 サシバ成鳥1
10:45~50 サシバ53
11:25 サシバ7(うち2羽が引き返す)
_________________
合計 サシバ59

F40A1594.jpg
この10:45~50の53羽の群れについて詳しく書くと、25+28羽の群れで、この群れは間が数分間の空白でそれぞれにまとまっているという、ちょっと変わった感じのものでした。

すると約50キロ離れた神奈川県秦野中井の権現山で観察している臼井英夫さんから連絡があり、12:25に34羽と25羽の群れ、合計59羽が観察されたというのです。

富津岬と権現山
(地図のリンクはこちら。作成はタカの渡り全国ネットワークのHP事務局の堀内あきつさん)

これはもしかして同じ群れを見たのではないのかしら???時間にして1.5時間、この日は他にサシバが出ていないこともあって、可能性は十分にありそうだと思いました。富津岬の数の少なさが吉と出た、とでも言いましょうか…(^^;)

blog_import_5d0172c84cf70.jpeg
そしてなんと2014年9月29日に暗色型を含む9羽の群れが富津岬を出て行ったのですが↑
それも権現山で見られていて、私のブログを見た人たちの間で話題になったそうなのです。
もちろん確実な証拠はないのですが、今後特殊な形態の個体が渡った時など、連絡を取り合っていきたいと思った出来事でした。

いつも富津岬からサシバを見送るのですが、対岸へ渡り切るころには見えなくなります。でも空に溶けていくサシバたちが、たしかに南へと移動しているんだ…そう実感できて感動しました。

そして南下方向の観察されている方々とも、もっとタイムリーに連絡を取りたいなと思っていたら、神奈川県の武山の阿部さんからLINEのグループを作りませんか?ということになり、その結果、千葉県でのハイタカの逆渡りを発見ということにつながったのです。

タカの渡り観察は多くの人に支えられているんだなと改めて思います。
こうしたことに参加できることは幸せなことですね。
権現山の皆さん、臼井さん、相談に乗ってくれた事務局の堀内さん、長い文章を最後まで読んでくださった皆さんにも感謝です。ありがとう~♪
また来年も頑張ります!




富津岬10/31~ノスリ2羽渡る、チゴハヤブサ、アカハラなど

2019/10/31 Thu
今日の岬は霧が・・・対岸もぼんやり霞んでいました。タカは渡らないかな~と思って小鳥を中心に撮影。ここではシルエットになるので、撮影してみないと何が渡っているのかわかりません。

F40A6760.jpg
アオジ

F40A6916.jpg
アカハラ

F40A6880.jpg
特徴がないツグミの仲間・シロハラ

F40A6660.jpg
スズメも渡ろうとして群れが海に飛び出します。ちょっと一休みしてまた・・・。
ご苦労様ですね。

F40A7277.jpg
チゴハヤブサが高く。

F40A7295.jpg
上と同個体、撮っているときはハヤブサだとばかり。

結局ノスリが2羽渡りましたが、ハイタカの姿はなし。

F40A7137.jpg
可愛いミユビシギの群れに癒されて帰ってきました。
明後日は館山の予定です。寝坊しなければ、だけどね。


富津岬10/28~ハイタカ属1羽、冬の小鳥たち渡る

2019/10/28 Mon
今日は久しぶりに富津岬へ。8時から開始してヒヨドリを見送っていると、アオバトが先端から対岸へ飛び出しました。でもすぐにUターンして松林へ。綺麗には撮れませんでしたが・・・。

F40A5947.jpg

10:14にハイタカ属1羽とノスリ1羽が現れ、最初は2羽一緒だったのですがだんだん二手に分かれました。
ハイタカ属の方を見ていると対岸の武山方向に向かって渡りましたが、ノスリの方は見失ってしまいました。もしかしたら渡ったかもしれません。

F40A6083.jpg
他にはわかりにくいですがマヒワの群れ↑や、

F40A6574.jpg
アトリの群れ↑。シメやカワラヒワの小さな群れも渡りました。チゴハヤブサもチラッと先端へ来ましたが、すぐに戻ってしまいました。トンボを食べに来ただけかな?

5M4A4928.jpg
アオジ↑やカシラダカも渡っていました。
少しずつ冬鳥が増えてきて、冬が来るのを実感します。

F40A4771.jpg
翅を広げて暖を取るヒメアカタテハ。まだきれいな個体なので、このまま越冬かな?
頑張って春を迎えてね!

富津岬のまとめ

2019/10/15 Tue
F40A1711.jpg今朝は小雨がパラパラ・・・でも早起きできたので岬へ出かけると、松林にマヒワの群れが。
さて何羽写っているでしょうか?

F40A1979.jpg
小雨が降って暗かったのであまりきれいには撮れず。アトリの声なども聞こえました。

F40A2253.jpg
先端にはエゾビタキの姿。渡ろうとして海へ飛び出しては戻ります。
今年はエゾビタキがとても多かったと思います。

F40A1528.jpg
アマツバメが低く飛んで、いつもとは違うアングル。

F40A1488.jpg
コシアカツバメも正面から。
フィールドではなかなか出会えない鳥もここでは当たり前のように見れてうれしいです。

今年の富津岬は
渡りの猛禽:サシバ272羽,ハチクマ34羽(新記録),ノスリ3羽,ツミ8羽,その他5羽
渡りの小鳥:ヒヨドリは5822羽、他にマヒワ、カワラヒワ、アトリなど。
ちょっと珍しいのはミヤコドリ16羽、タシギ属、アオバトなど。
確認された鳥の種類数は64種でした。

F40A1549.jpg
富津が終わってから台風が来て停電などもあり、しばらくお休みしていました。
復活しましたがまだしばらくは山へも入れそうにないので、ブログは休み休みになるかも。
千葉県のみなさん、大丈夫ですか?私は元気です!