里山でウグイス初音、ニホンアカガエルの卵、苔の蒴など

2020/02/23 Sun
昨日は朝起きたら雨が上がっていて青空。久しぶりに里山クラブへ。

IMG_6154.jpg
11月末から足を痛めて作業もできないかなとサボっていましたが、みんなの顔を見るだけでも、と出かけました。

F40A1727.jpg
時折曇ってきますが青空がキレイ。ウグイスの初音も聞けましたヨ♥

F40A3102.jpg
ニホンアカガエルの卵は結構あるけど、ここのメインはヤマアカガエル。でも卵塊がほとんどありません。
あちこちで水が濁っているのも変です。もしかしたら・・・アライグマではないかと。

F40A3091.jpg
森の中は苔の蒴が伸びてきました。

F40A3128.jpg
タマゴケは特にきれいですね~。

IMG_6137.jpg
小さなシイタケも出始めていました。
作業は力仕事だったのでできず、公式ブログ用の撮影だけしましたが、みんなの笑顔にパワーをもらえました。しっとりとした空気も美味しかったです(^^)

F40A2708.jpg
最後にハイタカが飛んで・・・・良い一日でした♪

今季初チュウヒやノビタキ&スッポン!

2019/10/26 Sat
F40A4708.jpg
今日はウチの人と海辺に出かけてみると、雪をかぶった富士山がキレイでした~♪

5M4A0544.jpg
遠く遠くチュウヒが舞っています。冬鳥が少しずつ揃って行くのを確認するような今日この頃。

5M4A0681.jpg
ノビタキの姿もありました。こちらは秋のみの旅鳥なので、今限定の出会いです。会えてよかったわ~♪

ノビタキ
嬉しくてたくさん撮ってしまいましたので、飛び出しを合成。

5M4A1446.jpg
田んぼではダイサギがドジョウを捕まえていました。
ドジョウが「助けてくれェ~!」と叫んでいるようです。

5M4A1263.jpg
ふと浅い川の中を見ると・・・アッ、スッポン!甲羅の大きさは25センチほどです。
私は千葉県でスッポンを見るのは初めてのこと。釣りをしている人などは、千葉にもスッポンは結構いるといいますね。きっと夜行性なので見かけないのでしょうね。
ニホンスッポン:千葉県レッドデータ・情報不足

今日は館山へ行こうと思っていたのですが、昨日の大雨の影響でお流れでした。明日は行けるかな?



カルガモとコシアキトンボ、亀の産卵

2019/07/08 Mon

20190708 (4)
コモウセンゴケのそばに咲いていたアリノトウグサ。めっちゃ小さくて花弁が1ミリ。そのうち見えなくなりそうだから、今の内に撮影しておこうっと。

20190708 (2)
ハス田にカルガモの親子もいました。もうヒナとは呼べないですね・・・(^^;)

20190708.jpg
池にコシアキトンボがたくさんいます。

20190708 (5)
オス同士が激しくバトル!時々翅の当たるガシャガシャッという音も聞こえました。

20190708 (1)
もぞもぞ何かが動いてる?と見るとミシシッピアカミミガメが産卵中。ひとしきり卵を産むと後ろ足で土塊をかき集めては休み、またかき集めては休み・・・気が済むと池にダッシュで戻っていきました。
65~75日後にはここから子亀がワサワサと・・・。う~ん、困ったね!

川沿いの道で、カジカガエルやヤマガラなど

2019/05/13 Mon
昨日の川ではカジカガエルがたくさん鳴いていました。でも意外と見つけにくい・・。


カジカガエル:千葉県レッドデータブック重要保護(B)

「フィリリリリリィ!」と信じられないような美しい大声で鳴くカエルです。大きさはアマガエルくらいです。



小魚が大きな魚に食べられないように浅瀬に集まっているようです。ウグイかな?




少し登ったところにウスタケが。
順番に出たんでしょうね(^^)小さいものから大きなものまで・・・。



ヤマガラ

じっとしていたらヤマガラが近くに来てくれました。つぶらな瞳が美しいですね。


ギンラン:千葉県レッドデータブック一般保護(D)

葉の先端が白くてちょっと変わってますね。エビネもあったけど終わりかけでした。



爽やかなカマツカの花。赤い実のなるころにまた来ますね♪



黄色い苔の朔もかわいくて・・・素敵なものがいっぱいあった川沿いの道でした。


春の生きもの~タゴガエルのおたまじゃくし

2019/04/17 Wed
今日は原稿書きで一日が終わっちゃった。でも大体できたから明日はフィールドに行けそうで・・・ホッ。確認したい生きものが色々いるのよね!



先日ヤマルリソウを撮影していたら、飛び込んできたヒゲナガハナバチの仲間♂。
ビックリしたよ~





桜の花もまだ咲いていて、メジロが来てました。真上なのでガラスの腰が砕けそうに。無理は禁物ね!



端正に咲いていたタチツボスミレと、まだ咲いていたマキノスミレ。



手前のおちびさんを、後ろのお姉さんたちが見守っているみたいでした・・・


そうそう、そろそろタゴガエルの卵が孵っているんじゃないかと、見に行ってみたら・・・・、



いる~!
わんさかいる~!
タゴガエルのオタマジャクシは尾が長いですね。そしてほとんど動きません。



餌を食べなくても卵の栄養だけでカエルになるそうです。
だから何もない湧き水の染み出した崖で、成長することが出来るのですね。

動かないのも無駄なエネルギーの消費を避ける知恵なのかな。
これだけ密集していても、餌を捕らないから競合して死んでしまうこともないのね。
すごいなあ!ほかのカエルとは違ったやり方で生き抜いてきたカエル。
ずっと千葉の山の中で生き続けていってね!

<今日のおまけ>
ずーっと小さな泡がプクプク・・・と出ているので、グラスに注いでみるとシュワ~っと泡立ちました。
香りは、うん、だんだんワインぽくなってきました。



飲んでみると微かにアルコールを感じます。でもまだ甘味は残っていて、シードルの弱いのみたいな感じです。美味しいので食前に、うちの人と二人で少し頂きました♪
明日が楽しみです。